介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険...

22
発行/名古屋市健康福祉局高齢福祉部介護保険課 ☎972-2591 FAX972-4147 このパンフレットは、令和元年7月現在の内容で作成しています。今後、政省令等の公布により内容が変更になる場合があります。 音声コードについて このパンフレットの紙面には、音声コードを印刷しています。 音声コードは、音声読み上げ用のコードです。このコードを専用装置で読み上げることによ り、記録されている情報を音声に変換することができます。この装置を使用することで、視 力の弱い高齢者や視覚障害者の方に対する情報提供が可能になります。 ●音声コードの横の切り込みで、コードの位置を知らせています。 令和元年7月発行 認知症の人の介護は、他の人から見ると介護をしてい ることが分かりにくいため、誤解や偏見を持たれるこ とがあります。そこで、介護する方が介護中であるこ とを周囲に理解していただくために作成されたのが 「介護マーク」です。このマークは静岡県で作成された もので、現在、全国への普及が進められています。 「介護マーク」は区役所福祉課や支所区民福祉課、 いきいき支援センター(地域包括支援センター)で 配 布し て い る ほ か 、名 古 屋 市 公 式 ウェブ サ イト (http://www.city.nagoya.jp/)でダウンロードす ることもできますので、ご活用ください。 なお、「介護マーク」は認知症の人の介護だけでなく、障 害のある方の介護にもご利用できます。 介護保険制度の説明や、介護サービス事業者の検索など、名古屋市の介護保険に関する様々な情報を提供して います。その他に、在宅での診療が可能な医療機関や高齢者サロン、なごや認知症カフェなど、高齢者の方が自 分らしく生活していくための情報も提供しています。ぜひ、ご覧ください。 http://www.kaigo-wel.city.nagoya.jp/view/kaigo/top 介護マークをご存知ですか? このパンフレットは、古紙パルプを含んだ再生紙を使用しています。 介護に関する情報は、名古屋市のウェブサイト『NAGOYAかいごネット』 NAGOYA かいごネット ☎753-1848 ☎934-1195 ☎917-6523 ☎901-2269 ☎523-4519 ☎501-4975 ☎453-5420 ☎265-2324 ☎735-3914 ☎852-9396 ☎683-9404 FAX751-3120 FAX936-4303 FAX914-2100 FAX902-1843 FAX521-0067 FAX504-7409 FAX453-8232 FAX241-6986 FAX731-8900 FAX851-1350 FAX682-0346 名 称 電 話 FAX ☎363-4327 ☎301-8376 ☎654-9715 ☎301-8345 ☎823-9415 ☎796-4603 ☎736-2192 ☎625-3964 ☎875-2207 ☎778-3007 ☎807-3897 FAX352-7824 FAX301-8661 FAX651-1190 FAX301-8411 FAX811-6366 FAX793-1451 FAX736-4670 FAX621-6841 FAX875-2215 FAX774-2781 FAX802-9726 名 称 電 話 FAX 介護保険制度に関するご相談・お問合せ先 区役所福祉課・支所区民福祉課 千種区役所 東区役所 北区役所 楠支所 西区役所 山田支所 中村区役所 中区役所 昭和区役所 瑞穂区役所 熱田区役所 中川区役所 富田支所 港区役所 南陽支所 南区役所 守山区役所 志段味支所 緑区役所 徳重支所 名東区役所 天白区役所 上記の「介護マーク」を切り抜いて利用いただいても結構で す。利用にあたっては下記の留意事項をご確認ください。 介護していることを周囲にさりげなく知ってもらいたいとき 駅やサービスエリアなどのトイレで付き添うとき 男性介護者が女性用下着を購入するとき たとえば こんな場合に… ご利用にあたっての 留意事項 本来の目的(介護中であることを周囲に理解してもらうこと)以外には、決して利用しないでください。 配布されたマークは適正に管理し、利用する必要がなくなった場合には、各自で処分してください。 外出先でこの カードを見かけたら 温かく見守って ください グリーン購入法 適合印刷物です

Transcript of 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険...

Page 1: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

発行/名古屋市健康福祉局高齢福祉部介護保険課 ☎972-2591 FAX972-4147このパンフレットは、令和元年7月現在の内容で作成しています。今後、政省令等の公布により内容が変更になる場合があります。

音声コードについてこのパンフレットの紙面には、音声コードを印刷しています。

音声コードは、音声読み上げ用のコードです。このコードを専用装置で読み上げることによ

り、記録されている情報を音声に変換することができます。この装置を使用することで、視

力の弱い高齢者や視覚障害者の方に対する情報提供が可能になります。

●音声コードの横の切り込みで、コードの位置を知らせています。

名 古 屋 市令和元年7月発行

介護保険支えあい 育てる

令 和 元 年 度認知症の人の介護は、他の人から見ると介護をしてい

ることが分かりにくいため、誤解や偏見を持たれるこ

とがあります。そこで、介護する方が介護中であるこ

とを周囲に理解していただくために作成されたのが

「介護マーク」です。このマークは静岡県で作成された

もので、現在、全国への普及が進められています。

「介護マーク」は区役所福祉課や支所区民福祉課、

いきいき支援センター(地域包括支援センター)で

配布しているほか、名古屋市公式ウェブサイト

(http://www.city.nagoya.jp/)でダウンロードす

ることもできますので、ご活用ください。

なお、「介護マーク」は認知症の人の介護だけでなく、障

害のある方の介護にもご利用できます。

介護保険制度の説明や、介護サービス事業者の検索など、名古屋市の介護保険に関する様々な情報を提供して

います。その他に、在宅での診療が可能な医療機関や高齢者サロン、なごや認知症カフェなど、高齢者の方が自

分らしく生活していくための情報も提供しています。ぜひ、ご覧ください。

http://www.kaigo-wel.city.nagoya.jp/view/kaigo/top

介 護 マークをご 存 知 です か ?

このパンフレットは、古紙パルプを含んだ再生紙を使用しています。

介護に関する情報は、名古屋市のウェブサイト『NAGOYAかいごネット』

NAGOYA かいごネット

☎753-1848

☎934-1195

☎917-6523

☎901-2269

☎523-4519

☎501-4975

☎453-5420

☎265-2324

☎735-3914

☎852-9396

☎683-9404

FAX751-3120

FAX936-4303

FAX914-2100

FAX902-1843

FAX521-0067

FAX504-7409

FAX453-8232

FAX241-6986

FAX731-8900

FAX851-1350

FAX682-0346

名 称 電 話 FAX

☎363-4327

☎301-8376

☎654-9715

☎301-8345

☎823-9415

☎796-4603

☎736-2192

☎625-3964

☎875-2207

☎778-3007

☎807-3897

FAX352-7824

FAX301-8661

FAX651-1190

FAX301-8411

FAX811-6366

FAX793-1451

FAX736-4670

FAX621-6841

FAX875-2215

FAX774-2781

FAX802-9726

名 称 電 話 FAX

介護保険制度に関するご相談・お問合せ先 区役所福祉課・支所区民福祉課

千 種 区 役 所

東 区 役 所

北 区 役 所

楠 支 所

西 区 役 所

山 田 支 所

中 村 区 役 所

中 区 役 所

昭 和 区 役 所

瑞 穂 区 役 所

熱 田 区 役 所

中 川 区 役 所

富 田 支 所

港 区 役 所

南 陽 支 所

南 区 役 所

守 山 区 役 所

志 段 味 支 所

緑 区 役 所

徳 重 支 所

名 東 区 役 所

天 白 区 役 所

上記の「介護マーク」を切り抜いて利用いただいても結構で

す。利用にあたっては下記の留意事項をご確認ください。

●介護していることを周囲にさりげなく知ってもらいたいとき

●駅やサービスエリアなどのトイレで付き添うとき

●男性介護者が女性用下着を購入するとき

たとえばこんな場合に…

ご利用にあたっての留意事項

❶本来の目的(介護中であることを周囲に理解してもらうこと)以外には、決して利用しないでください。❷配布されたマークは適正に管理し、利用する必要がなくなった場合には、各自で処分してください。

外出先でこのカードを見かけたら

温かく見守ってください

制 度

グリーン購入法

適合印刷物です

介護保険制度のしくみ

利用できるサービス

利用者負担について

相談・お問合せ窓口

申請から利用までの流れ

Page 2: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

担当地域

2 3

介護保険制度のしくみ

介護保険制度のしくみ

申請から利用までの流れ

利用できるサービス

利用者負担について

相談・お問合せ窓口

介護保険制度のしくみ

介護保険制度は、40歳以上の方に被保険者として介護保険料を納めていただき、介護や支援が必

要になったときにサービスが利用できるしくみです。

名古屋市が保険者となって運営しています。

介護保険のしくみ

みんなで支えあう制度です

40歳以上の方被保険者

●介護保険料を納めます。

●サービスを利用するための申請をします。

●サービスを利用して、利用者負担を支払います。

サービス事業所利用者に合ったサービスの提供

●指定を受けた社会福祉法

人、医療法人、民間企業、非

営利組織等がサービスを提

供します。

名古屋市保険者

●介護保険制度を運営します。

●介護保険被保険者証を交付します。

●要介護・要支援認定等を行います。

●介護保険負担割合証を交付します。

●サービスの確保・整備をします。

いきいき支援

センター高齢者の総合的な

相談窓口

介護報酬等の請求

●介護保険料の納付

●要介護・要支援

 認定等の申請

●要介護・要支援認定等

●介護保険被保険者証

 の交付

●介護保険負担割合証

 の交付

介護報酬等の支払い

利用者負担

の支払い

サービスの提供

も く じ

介護保険制度のしくみ

みんなで支えあう制度です

40歳以上の方は介護保険の被保険者です

公費と保険料で運営しています

介護保険料はこうなっています

介護保険料の納め方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3

4

6

7

8

利用者負担について

サービスにかかる費用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・31

相談・お問合せ窓口

いきいき支援センター

 (地域包括支援センター)

はち丸在宅支援センター(在宅医療・介護

 連携支援センター)・在宅歯科医療・介護

 連携室

ご相談・お問合せ先

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

38

42

43

利用できるサービス

介護サービス・介護予防サービス

介護予防・生活支援サービス事業

一般介護予防事業

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16

25

28

申請から利用までの流れ

申請からサービス利用までの流れ

サービスの利用手順 1

サービスの利用手順 2

10

12

14

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋市の

目指すこと~地域包括ケアシステムの構築~

名古屋市では、高齢者の方々が医療や介護

が必要な状態となっても、住み慣れた地域

で自分らしい暮らしを人生の最後まで続け

ることができるよう、支援していきます。

住み慣れた地域で

医療も介護も受けられる

地域包括ケア

システム

病気になったら

医療

介護が必要になったら

介護

いつまでも元気に

介護

予防自宅や介護・予防住宅など

住まい

いつまでも健やかに

生活

支援

在宅医療と介護の連携

相談やサービスのコーディネイト

ネットワークの構築(関係機関の連携)

認知症施策

11月11日は「介護の日」

高齢化などで介護が必要な方々が増加しているなか、

介護についての理解と認識を深め、介護サービス利用

者及びその家族、介護従事者等を支援するとともに、こ

れらの人たちを取り巻く地域社会での支え合いや交流

を促進する観点から、高齢者や障害者等に対する介護

について、国民への啓発を重点的に実施する「介護の

日」が設定されました。「いい日、いい日」にかけた、覚え

やすく親しみやすい言葉となっています。

Page 3: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

4 5

介護保険制度のしくみ

介護保険制度のしくみ

名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

ビス・介護予防サービスを利用できる条件も異なります。

加齢と関係があり、要介護・要支援状態の原因となる心身の障害を起こす病気で、

16疾病が指定されています。

介護保険に加入する方

一人に1枚、介護保険被保険者証を交付します。医療保険の被保険者証とは別のものです。介護保険の申請

などが必要になったときのために大切に保管しましょう。

介護保険被保険者証の交付

高齢者の方が介護の必要な状態になることを予防し、住み慣れた地域でいつまでも自立した生活が送ること

ができるように、日常生活に必要な支援を行う『介護予防・日常生活支援総合事業』(以下「総合事業」といい

ます。)を実施しています。

総合事業には、「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」があります。

介護予防や生活支援を行う事業もあります

40歳以上の方は介護保険の被保険者です

介護保険の被保険者は、年齢で2つに分けられます

介護予防・生活支援サービス事業

第1号被保険者

65歳以上の方

介護サービス・介護予防サービスを利用できるのは

介護が必要と認定された方です。

(病気やけがなど介護が必要になった原因にかかわ

らず、介護サービス・介護予防サービスの対象となり

ます。)

第2号被保険者

40~64歳の方

介護サービス・介護予防サービスを利用できるのは

加齢に伴って生じる病気(特定疾病)により

介護が必要と認定された方です。

(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)

●がん

●関節リウマチ

●筋萎縮性側索硬化症

●後縦靭帯骨化症

●骨折を伴う骨粗しょう症

●初老期における認知症

●進行性核上性麻痺 大脳皮質基底

 核変性症及びパーキンソン病

●脊髄小脳変性症

●脊柱管狭窄症

●早老症

●多系統萎縮症

●糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症

 及び糖尿病性網膜症

●脳血管疾患

●閉塞性動脈硬化症

●慢性閉塞性肺疾患

●両側の膝関節又は股関節に著しい

 変形を伴う変形性関節症

16種類の特定疾病

Check Point

かんせつ

きん いしゅくせいそく さくこう か しょう

こうじゅうじんたいこっ かしょう

こっせつ  ともな  こつ そ  しょう

しょ ろう き にん ちしょう

しんこうせいかくじょうせいま ひ だいのう ひ しつ き てい

かくへんせいしょうおよ            びょう

せきずいしょうのうへんせいしょう

せきちゅうかんきょうさくしょう

そうろうしょう

た けいとう いしゅくしょう

とうにょうびょうせいしんけいしょうがい とうにょうびょうせいじんしょう

およ  とうにょうびょうせいもうまくしょう

のうけっかんしっかん

へいそく せいどうみゃくこう か しょう

まんせいへいそくせい はい しっかん

りょうそく  しっかんせつまた  こ かんせつ いちじる

へんけい ともな へんけいせいかんせつしょう

サービスを利用するつもりがないので

介護保険に加入しなくてもいいですか?

介護保険は、介護の負担を社会全体で連帯して支えあう社会保険制度です。

サービスを利用するしないにかかわらず、原則として40歳以上のすべての方が加入(被

保険者となる)しなければなりません。外国籍の方も短期滞在などを除き、介護保険の被

保険者となります。

◎要介護・要支援認定の申請をするとき

◎基本チェックリストによる判定を受けるとき

◎ケアプランの作成を依頼するとき

◎サービスを利用するとき

 など

65歳に到達する月(誕生日の前日が属する月)に交付します。

40歳から64歳までの方(第2号被保険者)は、要介護・要支援認定を受けた場合などに交付します。

こんなときに

必要です

住所、氏名、生年月日などに誤り

がないか確認しましょう。裏面の

注意事項をよく読みましょう。

●要支援1・2の方

●基本チェックリストにより、「介護

予防・生活支援サービス事業対

象者」と判定された方

●自宅で掃除・洗濯の家事などの手助けを受ける

サービス(訪問サービス)

●施設等に通って介護予防のための運動などを行

うサービス(通所サービス)        など

主な内容

少し心身の機能が低下してきた方が、サービス

を利用して自立した生活を目指す事業です。

この事業を

利用

できるのは

一般介護予防事業

●65歳以上のすべての方

●介護予防や認知症予防に役立つ知

識や方法を学ぶ教室(いきいき教室)

●身近な通いの場所(高齢者サロン)

など

主な内容

介護予防や認知症予防の活動に取り組んでい

ただくことで元気を維持する事業です。

P25へ P28へ

この事業を

利用

できるのは知っておきたい

介護保険 Q A&

医療保険に加入している

Q

A

Page 4: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

6 7

介護保険制度のしくみ

介護保険制度のしくみ

40歳以上のみなさんが納める介護保険料は、国や自治体の負担金などとともに、介護保険を健全に運営す

るための大切な財源となっています。●名古屋市では、保険料の額を所得などに応じて次の15段階に区分しており、低所得の方の負担が重くな

らないように配慮しています。

●消費税を財源とした公費投入により、第1段階~第3段階の年間保険料額を9,587円、第4段階の年間保

険料額を1,917円軽減しています。

※実際に納めていただく保険料は10円未満を切り捨てた額になります。

※年金収入には、遺族年金や障害年金などの非課税年金は含まれません。

※合計所得金額とは、前年の1月から12月までの1年間の年金所得、給与所得、事業所得、土

地・建物等や株式等の譲渡による所得などを合計した金額です。なお、土地・建物等の譲渡

所得に係る特別控除が適用される場合は、この控除額を差し引いた金額となります。

保険料は大切な財源です

65歳以上の方(第1号被保険者)の介護保険料

公費と保険料で運営しています 介護保険料はこうなっています

財源の内訳

50%

40~64歳の方の保険料

27%

公費(税金)

保険料

65歳以上の方の保険料

23%

国・都道府県・

市区町村が負担

名古屋市の65歳以上の方の介護保険料

65歳以上の方の保険料は、名古屋市のサービス費用がまかなえるよう算出

された「基準額」をもとに決まります。(3年ごとに見直し)

名古屋市で必要な

サービスの総費用

65歳以上の方の

負担分23%×名古屋市に住む

65歳以上の方の人数÷基準額(年額)

76,696円=

※3年ごとに見直し

異動があった場合の届出等Check Point

届出等が必要なとき

市外から転入したとき

市外へ転出するとき 介護保険被保険者証

介護保険被保険者証を紛失したとき 免許証など本人であることを証明するもの

加入している医療保険の保険証

介護保険被保険者証が

破れた・汚れたとき破れた・汚れた介護保険被保険者証

市内での転居や氏名の

変更をしたとき介護保険被保険者証

お持ちいただくもの

転入前の市町村で要介護認定を受け、介護

サービスを受給されている場合・・・転入前の市

町村で交付された「受給資格証明書」(転入前

の市町村で交付を受けていない場合や紛失し

た場合は、その旨を窓口でお伝えください。)

40歳~64歳の第2号被保険者の方

が介護保険被保険者証の交付を申

請するとき

保 険 料 段 階 区 分 保険料(年額)

第1段階 24,927円(基準額×0.325)

生活保護等を受けている方、又は老齢福祉年金受給者で世帯全員が市町村

民税非課税の方

第2段階 24,927円(基準額×0.325)

本人の年金収入と合計所得金額(年金収入に係る所得分

を除く)の合計が80万円以下の方

第3段階 40,266円(基準額×0.525)

本人の年金収入と合計所得金額(年金収入に係る所得分

を除く)の合計が80万円を超え120万円以下の方

第4段階 55,605円(基準額×0.725)

本人の年金収入と合計所得金額(年金収入に係る所得分

を除く)の合計が120万円を超える方

第5段階 65,192円(基準額×0.85)

本人の年金収入と合計所得金額(年金収入に係る所得分

を除く)の合計が80万円以下の方

第6段階 76,696円(基準額)

本人の年金収入と合計所得金額(年金収入に係る所得分

を除く)の合計が80万円を超える方

世帯全員が

市町村民税

非課税

本人が市町村

民税非課税で

同じ世帯に市

町村民税課税

者あり

本人が

市町村民税

課税

第7段階80,531円

(基準額×1.05)本人の合計所得金額が80万円未満の方

第8段階84,366円

(基準額×1.1)

本人の合計所得金額が80万円以上

125万円未満の方

第9段階95,870円

(基準額×1.25)

本人の合計所得金額が125万円以上

200万円未満の方

第10段階115,044円(基準額×1.5)

本人の合計所得金額が200万円以上

290万円未満の方

第11段階130,384円(基準額×1.7)

本人の合計所得金額が290万円以上

400万円未満の方

第12段階145,723円(基準額×1.9)

本人の合計所得金額が400万円以上

540万円未満の方

第13段階161,062円(基準額×2.1)

本人の合計所得金額が540万円以上

700万円未満の方

第14段階176,401円(基準額×2.3)

本人の合計所得金額が700万円以上

1,000万円未満の方

第15段階191,740円(基準額×2.5)

本人の合計所得金額が1,000万円以上の方

資格の取得、喪失など異動があった場合は、14日以内にお住まいの区の区役所福祉課

または支所区民福祉課の窓口へ届出をしてください。

【令和元年度(平成31年度)保険料額】

Page 5: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

8 9

介護保険制度のしくみ

介護保険制度のしくみ

介護保険料の納め方には、「年金からの差し引き(特別徴収)」と「口座振替(自動払込)または納付書による納

付(普通徴収)」があります。(被保険者の方が特別徴収か普通徴収かを選ぶことはできません。)

老齢・退職、遺族、障害年金のうち、いずれか1つでも年額18万円以上受給されている方は、年

金が支給される際に、介護保険料があらかじめ差し引かれます。(手続きは必要ありません。)

※ただし、年額18万円以上の方でも、65歳になられた方や市外から転入された方などは、当初、

口座振替(自動払込)または納付書により、各月、納付していただきます。(普通徴収となります。)

前年度の課税状況等により算定した年

間保険料額の半分の額を3回に分けて

納付します。

65歳以上の方(第1号被保険者)の介護保険料の納め方

医療保険分の保険料に介護保険分の保険料を合わせて納付します。

介護保険分の保険料額は各医療保険者が、所得などに応じて決定します。

※40歳~64歳の方(第2号被保険者)の保険料につきましては、各医療保

険者にお問合せください。

災害により住宅などに著しい損害を受けたことや、生計を支えている方が長期間入院したことなどにより、保

険料の納付にお困りの方は、申請により保険料の納付が猶予されたり、減免されることがあります。

詳しい内容につきましては、お住まいの区の区役所福祉課または支所区民福祉課へお問合せください。

●世帯主が世帯員の分も合わせて納付します。

●同一世帯の被保険者数や各被保険者の所得

金額、扶養家族の人数などに応じて保険料

が異なります。

●国庫負担があります。

40歳~64歳の方(第2号被保険者)の介護保険料の決め方・納め方

保険料の納付の猶予・減免制度介護保険料の納め方

保険料を納めないとどうなるの?

介護保険からの給付について制限を受けることがあります。

特別な事情もなく保険料を1年以上納めないと、介護サービス・介護予防サービスを利用したときに、

納めていない期間に応じて以下のように介護保険からの給付について制限を受けることになります。

また、財産(預貯金や年金等)の差押えなどを受けることがあります。

知っておきたい

介護保険 Q A&特別徴収

年金年額18万円以上の方 年金からの差し引き

納付する月

上記の特別徴収以外の方は、口座振替(自動払込)または納付書により納付していただきます。

普通徴収

年金年額18万円未満の方 納付書・口座振替

納付する月

4月 6月 8月 10月 12月 2月

その年度の保険料額を算定し、その額

から4月~9月までの保険料額を引いた

残額を3回に分けて納付します。

普通徴収の方の保険料の納付には、便利な口座振替(自動払込)を

ご利用ください。預(貯)金口座のある金融機関、ゆうちょ銀行・郵便

局または区役所福祉課の窓口へお申し込みください。(申し込み用

紙は窓口に置いてあります。)

前年度の課税状況等により算定した額を各月で納付します。

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

その年度の保険料額を算定し、その額から4月~6月まで

の保険料額を引いた残額を各月で納付します。

Check Point

介護保険料の納付は

口座振替(自動払込)が

便利です。

★ 預(貯)金通帳等口座番号を確認できるもの

★ 通帳お届け印

★ 介護保険被保険者証

医 療保険分

介 護保険分+

国民健康保険に加入している方

●給与の額に応じて異なります。

●半額は、事業主が負担します。

●40歳~64歳の被扶養者は、保険料を個別に

納める必要はありません。

健康保険や共済組合などに加入している方

1年以上

納めないと…

1年6ヵ月以上

納めないと…

2年以上

納めないと…

申し込みの際にお持ちいただくもの

介護サービス・介護予防サービスを利用したとき、費用の全額をいった

ん利用者が支払うことになります。

区役所に申請すると、保険給付が後日払い戻されます。

介護サービス・介護予防サービスを利用したとき、費用の全額をいった

ん利用者が支払うことになります。

区役所に申請しても、保険給付の払い戻しが一時差し止められます。

納めていない期間に応じて、利用者負担が引き上げられ(※)、高額介護

サービス費等(P34・35)も支給されません。

※利用者負担1割、2割の方→3割、 利用者負担3割の方→4割

Q

A

Page 6: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

介護サービス

利用できるサービス

P16~

在宅系サービス

施設・居住系サービス

介護予防サービス

P16~

訪問看護

福祉用具貸与 等

介護予防・

生活支援サービス事業

P25~

訪問サービス

通所サービス 等

要支援

1・2の方

要支援

1・2の方

介護予防や生活支援が必要と

判定された方。

通 知

要介護

1~5の方

介護予防・

生活支援サービス事業対象者

要介護・要支援に該当しない

方で、介護予防・生活支援

サービス事業の利用を希望

する場合は、基本チェックリス

トによる判定を受けましょう。

10 11

申 請 からサ ービ ス     利 用まで の 流 れ

申請から利用までの流れ

申請から利用までの流れ

介護や支援が必要な度合い(要介

護度)を判定します。

まずは、いきいき支援センター(P40)、区役所・支所(巻末)の担当窓口へ

今の状態 申請・判定

要介護・要支援認定

一般介護予防事業

を利用できます。

介護予防や生活支援が必要かどう

かを判定します。

必要に応じて

認定申請を案

内することが

あります。

基本チェックリスト

による判定

65歳以上の方

P28~

高齢者サロン いきいき教室 等

●ねたきり等で、明らかに介護サー

ビスが必要

●施設に入所したい

●福祉用具( 車イス・電動ベッド等)を

借りたい

●住宅改修(手すりの取り付け等)を

行いたい

●日常生活に不安があるため、訪問

介護やデイサービスを利用したい

●配食サービスを利用したい

●元気なうちから介護予防に取り組

みたい

●引きこもりがちなので、サロンなど

に参加したい

P12詳しくは

P13詳しくは

いきいき支援センターや区役所・支所の窓口では、介護保険制度の説明と、各手続きのご案内をします。

重軽 介 護 の 必 要 度 合 い

要支援1・2 要介護1~5

非該当の方

非該当の方

Page 7: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

事業対象者

P15へ

P28~

非該当の方

要介護

1~5 の方

P14へ

要支援

1・2の方

P15へ

12 13

サービスの利用手順 1

申請から利用までの流れ

申請から利用までの流れ

要介護・要支援認定について

① 要介護・要支援認定の申請

要介護・要支援認定を受けるための申請書を提出してください。申請書は、種別により以下のとおり

提出先・方法が異なります。

② 要介護・要支援認定の審査・判定

申請をすると、認定調査の後に審査・判定が行われ、介護や支援の必要な度合い(要介護度)が決まります。

申請書には主治医の氏名・医療機関名・所在地・電話番号を記入する欄があります。かかりつけの

医師がいる方は、申請することを医師へ伝えてください。

お住まいの区の区役所福祉課または支

所区民福祉課の窓口にて手続きをして

ください。

新規申請、区分変更申請(※1)

名古屋市介護認定事務センター(※2)へ郵送して

ください(事前にお送りする「更新申請案内」に同

封されている返信用封筒をご利用ください)

※1 区分変更申請とは状態の変化により認定の有効期間中に要介護度の変更を行うための申請。

※2「名古屋市介護認定事務センター」は、名古屋市内の要介護認定等業務(更新申請の受付、認定調査票・主治医意見書の依

頼、認定通知書の発送等)を集約して行うために平成30年4月から市内に1か所設置した機関です。

更新申請

次のところでも申請の依頼ができます。

●いきいき支援センター ●高齢者いきいき相談室 ●居宅介護支援事業所 ●介護保険施設

65歳以上の方 介護保険被保険者証

65歳以上の方 介護保険被保険者証

40~64歳の方●加入している医療保険の被保険者証

●介護保険被保険者証(交付済の方のみ)

申請に

必要なもの

窓口で

必要なもの

窓 口

介護サービス・介護予防サービスの利用を希望される方は、要介護・要支援認定を受けていただく必要があります。

基本チェックリストによる判定について

① 窓口へお越しください

② 基本チェックリストの用紙に記入

基本チェックリストに記載された質問について、ご本人の

状態にあてはまる選択肢を選んで記入してください。

認定調査 認定調査員が自宅などを訪問し、心身の状態などについて調査を行います。

主治医の意見書 主治医が意見書を作成します。

一次判定認定調査の結果や、主治医の意見書の一部の項目をコンピュータに入力し、

一次判定を行います。

二次判定(審査・判定) 一次判定や主治医の意見書などをもとに、医師などの専門家が審査します。

結果通知 申請日から原則30日以内に通知します。

【認定の有効期間】新規の認定の有効期間は、原則として6カ月間(最長1年間)で、申請日までさかのぼって有効となります。

介護予防・生活支援サービス事業の利用を希望の方は、要支援認定を受けていただくか、または基本

チェックリストによる判定を受けていただく必要があります。

要介護・要支援認定の申請をされ、その結果が非該当の方でも、別途基本チェックリストによる判定を受

けていただくことができます。その結果、介護予防・生活支援サービス事業の対象者と判定された場合に

は、このサービスを利用することができます。

日常生活の状況および心

身の状態に関する25項目

の質問により、現在の状態

を確認するものです。

また、あわせてお尋ねする

13項目の質問により、介護

が必要な状態の可能性を

確認し、必要に応じて要介

護・要支援認定の申請のご

案内をします。

お住まいの地域を担当するいきいき支援センターまたは区役所福祉課・支所区民

福祉課で、基本チェックリストの用紙をお渡しします。

③ 判 定

窓口で職員が基本チェックリストの回答状況を確認し、介

護予防や生活支援が必要な方(介護予防・生活支援サー

ビス事業対象者※)かどうか当日中に判定します。

※以下、事業対象者といいます。

※事業対象者の有効期間は2年間です。

基本チェックリストは

生活機能の状態を

お尋ねします

当日に結果が

わかります。

一般介護

予防事業

を利用できます

非該当の方 「要介護・要支援認定」で

「非該当」と判定された方

は、基本チェックリストを受

けることができます。

Page 8: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

14 15

サービスの利用手順 2

申請から利用までの流れ

申請から利用までの流れ

要介護1~5と認定された方は介護サービスを利用できます

要支援1・2と認定

介護予防サービス、

介護予防・生活支援サービス事業

を利用できます。

された方は

事業対象者と判定

介護予防・生活支援サービス事業

を利用できます。

された方は

どのような介護サービスが必要なのかを検討し、作成した「ケアプラン」に基づいてサービスを利用します。

依頼する居宅介護支援事業所が決まったら、お住まいの区の区役所福祉課または支所区民福祉

課に「サービス計画作成依頼届出書」を提出します。提出は本人以外でも可能です。

ケアマネジャーが利用者

と面談し、問題点や課題を

把握してサービス利用の

原案を作成します。

在宅で介護サービスを利用したい

居宅介護支援事業所にケアプラン作成を依頼1

入所を希望する施設に直接申し込みます。居宅介護支援事業所などに紹介してもらうこともで

きます。

施 設 に 入 所 し た い

介護保険施設等と契約1

入所した施設で、ケアマネジャーが利用者に合ったケアプランを作成します。

ケアプランの作成2

訪問介護や通所介護などを行うサービス事業所と契約します。

サービス事業所と契約3

サービス提供を行う事業所と契約します。

サービス事業所と契約3

在宅系サービスを利用4

ケアプランの作成2

利用者の現状を把握

利 用 者 本 人や家 族と

サービス事業所の担当

者がケアマネジャーを

中心に話し合います。

サービス事業所との話し合い

作成されたケアプラ

ンの具体的な内容に

ついて利用者の同意

を得ます。

ケアプランの作成

いきいき支援センターの職員が利

用者や家族と話し合い、利用者の

心身の状況や生活歴などから課題

を分析します。

利用者の現状を把握

目標を決めて達成するために必要な

サービスを、利用者や家族とサービス担

当者で検討し、それに基づいてケアプラ

ンを作成します。

サービス事業所と話し合いケアプランを作成

P16~

施設・居住系サービスを利用3 P23~ ケアプランにもとづいたサービスを利用

介護予防サービスを利用

4

介護予防・生活支援サービス事業を利用

※(看護)小規模多機能型居宅介護は施設でのサービス利用と同じ流れです。

いきいき支援センター(P40)、区役所福祉課・支所区民福祉課(巻末)

で相談できます。窓口にある関連冊子もご利用ください。

また、担当のケアマネジャーが決まっている方はケアマネジャーに相談

することもできます。

Check Point

事業所等をお探しの方は

名古屋市ウェブサイト

ウェブサイトで事業所の検索やサービス内容などをご覧になれます。

NAGOYA かいごネット 検索

厚生労働省「介護サービス情報公表システム」

介護 公表 検索

ケアプランの相談や作成料の

利用者負担はありません

ケアプランの相談や作成料の

利用者負担はありません

ケアプランの相談や作成料の

利用者負担はありません

お住まいの区の区役所福祉課または支

所区民福祉課に「サービス計画作成依

頼届出書」を提出します。提出は本人以

外でも可能です。

いきいき支援センターにケアプラン作成を依頼1

ケアプランの作成2

要支援1・2の方

要支援1・2の方

要支援1・2の方 事業対象者

基本チェックリスト判定時に「介護予防

ケアマネジメント依頼届出書」を提出し

ます。

事業対象者の方

※要支援1・2の方で施設・居住系サービスを利用する場合は要介護1~5の施設入所と同じ流れです。

P25~

P14

P16~

介護予防サービス、介護予防・生活支援サービス事業を利用したい

Page 9: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

全サービス共通

          は、原則、名古屋市民の方のみ利用できます。

        は、障害のある方が障害福祉事業所から引き続きサービスを受けられる場合があります。

○記載の利用者負担は目安であり、また、各種加算等の分は含んでいません。利用するサービスや施設の状

況などにより各種加算等が生じますので、実際にお支払いいただく額はこれら各種加算等の分を加えたも

のになります。

○令和元年10月からほとんどのサービスの利用者負担が引き上げられる予定です。

ホームヘルパーが自宅を訪問し、身体介護や生活援助を受けていただくサービスです。

        ●食事、入浴、排せつのお世話 ●起床や就寝のお世話 など

        ●住居の掃除 ●洗濯 ●買い物 ●食事の準備、調理 など

利用できるサービス介護サービス・介護予防サービス

在宅系サービス

自宅へ訪問する

訪問介護(ホームヘルプサービス)

日常生活を支援するサービスを受ける 要介護 1~5

自宅に浴槽を持ち込み、入浴の介助を

受けていただくサービスです。

訪問入浴介護介護予防訪問入浴介護

自宅で入浴する 要支援 1・2要介護 1~5

身体介護中心

生活援助中心

次のサービスは介護保険の

対象となりません。

1回あたりの利用者負担(1割)の目安

※早朝・夜間・深夜などの加算があります。

身体介護中心

生活援助中心

274円

436円

200円

247円

20分~30分未満

30分~1時間未満

20分~45分未満

45分以上

1回あたりの利用者負担(1割)の目安 【要介護の方】

※早朝・夜間・深夜などの加算があります。

病院・診療所

から

訪問看護

ステーションから

438円

629円

516円

902円

20分~30分未満

30分~1時間未満

20分~30分未満

30分~1時間未満

1回あたりの利用者負担(1割)の目安

要介護1~5

要支援1・2

1,382円

934円

リハビリの専門家が訪問し、自宅でリハ

ビリを受けていただくサービスです。

訪問リハビリテーション介護予防訪問リハビリテーション

自宅でリハビリをする 要支援 1・2要介護 1~5

1回あたりの

利用者負担(1割)の目安

1回 314円

夜間に定期的な巡回で介護を行う訪問介護、

緊急時など、利用者の求めに応じて介護を行

う随時対応の訪問介護などがあります。

夜間対応型訪問介護

夜間に訪問介護を受ける 要介護 1~5

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安

【基本対応の場合】

1カ月 1,115円

自立した生活や栄養改善等のため、

1日1食を限度として、自宅に弁当の

配達を行います。また、配達時に安否

確認を行い、必要な場合には関係機

関等に連絡させていただきます。

生活援助型配食サービス

弁当の配達とともに安否確認をする 要介護 1~5

医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士

などが訪問し、薬の飲み方や食事など療養上の管

理・指導を受けていた

だくサービスです。

居宅療養管理指導 介護予防居宅療養管理指導

医師などによる療養上の管理や指導を受ける 要支援 1・2要介護 1~5

看護師などが自宅を訪問し、点

滴の管理等を行

うサービスです。

訪問看護 介護予防訪問看護

看護師などによる訪問を受ける 要支援 1・2要介護 1~5

109円通院等乗降介助(1回)

ご注意!

本人以外のためにすることや、日常生活上の家事の

範囲を超えることなどは、サービスの対象外です。

●本人以外の家族のための家事 ●ペットの世話

●預金の引き出し、預け入れ ●留守番 ●来客の応対

●家具の移動や修繕、模様替え ●草むしり など

1回あたりの利用者負担(1割)の目安

【同月同じ建物にサービスを受ける方がほかにいない場合】

507円

558円

507円

537円

355円

月2回まで

月2回まで

月4回まで

月2回まで

月4回まで

医師・歯科医師の場合

医療機関の薬剤師の場合

薬局の薬剤師の場合

管理栄養士の場合

歯科衛生士等の場合

密接に連携をとっている介護職員と看護師などが

定期的な訪問を行います。また、通報や電話など

により、随時対応も行います。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

24時間対応の訪問介護・訪問看護を受ける 要介護 1~5

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安

【介護、看護一体型事業所の場合】

9,135円

14,271円

21,784円

26,854円

32,533円

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

6,261円

11,176円

18,557円

23,473円

28,388円

要介護度 介護のみ利用 介護と看護を利用

1回あたりの利用者負担(1割)の目安

1回 20円

※上記の費用は、安否確認等に要する

 費用であり、弁当代は別途必要です。

共生型サービス

共生型サービス

地域密着型サービス

地域密着型サービス

地域密着型サービス

16 17

利用できるサービス

利用できるサービス

Page 10: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

要支援 1・2要介護 1~5

地域密着型サービス

通所リハビリテーション(デイケア) 介護予防通所リハビリテーション

施設に通ってリハビリをする 要支援 1・2要介護 1~5施設に通って利用する

通所介護(デイサービス)

施設に通って食事・入浴などのサービスを受ける 要介護 1~5

定員18人以下の小規模

なデイサービスセンター

で、食事・入浴などの介護

や機能訓練を受けていた

だくサービスです。

デイサービスセンターで、食事・

入浴などの介護や機能訓練を

受けていただくサービスです。

地域密着型通所介護

小規模な施設に通って食事・入浴などのサービスを受ける 要介護 1~5

共生型サービス

地域密着型サービス 共生型サービス

1回あたりの利用者負担(1割)の目安

【通常規模の施設】

【7時間以上8時間未満の利用の場合】

689円

813円

943円

1,072円

1,201円

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

※食費、日常生活費は別途負担となります。

1回あたりの利用者負担(1割)の目安

【7時間以上8時間未満の利用の場合】

785円

927円

1,075円

1,222円

1,369円

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

※食費、日常生活費は別途負担となります。

地域密着型サービス

認知症の方が食事・入浴など

の介護や支援、機能訓練を受

けていただくサービスです。

平成30年4月から「共生型サービス」が創設されました。

障害のある方が介護保険を利用する場合、「共生型サービス」としてこれまで利用して

いた障害福祉事業所から引き続きサービスを受けられる場合があります。詳しくはケア

マネジャーや現在ご利用の事業所などへご確認ください。

認知症対応型通所介護介護予防認知症対応型通所介護

認知症の方が施設に通って食事・入浴などのサービスを受ける

1回あたりの利用者負担(1割)の目安

【7時間以上8時間未満の利用の場合】

923円

1,031円

1,067円

1,183円

1,299円

1,416円

1,532円

要支援1

要支援2

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

※食費、日常生活費は別途負担となります。

3,686円

7,448円

11,177円

16,426円

23,894円

26,371円

29,078円

要支援1

要支援2

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

※食費、宿泊費、日常生活費は別途負担となります。

基本の

サービスに

加えて

●個々の状態に応じた機能訓練(個別機能訓練)

●食事に関する指導など(栄養改善)

●口の中の手入れ方法や、咀嚼・飲み込みの訓練法の

指導など(口腔機能向上)

などのメニューを選択して利用できます。

そしゃく

通いを中心とした複合的なサービス

小規模多機能型居宅介護介護予防小規模多機能型居宅介護

通い・訪問・泊まりなどを組み合わせたサービスを受ける

利用者の状況に応じて、小規

模な住居型の施設への「通い」

を中心に、自宅への「訪問」(介

護)、施設に「泊まる」サービス

を柔軟に受けていただけます。

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安

【事業所と同一の建物に居住していない場合】

介護老人保健施設や病院・

診療所などに併設され、理

学療法士や作業療法士など

専門スタッフによる日帰り

の機能訓練などを受けてい

ただくサービスです。

1回あたりの利用者負担(1割)の目安

【通常規模の施設/7時間以上8時間未満の利用の場合】

771円

920円

1,070円

1,247円

1,419円

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

※食費、日常生活費は別途負担となります。

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安

1,854円

3,915円

要支援1

要支援2

※食費、日常生活費は別途負担となります。

基本の

サービスに

加えて

●食事に関する指導など(栄養改善)

●口の中の手入れ方法や、咀嚼・飲み込み

の訓練法の指導など(口腔機能向上)

などのメニューを選択して利用できます。

そしゃく

介護サービスをご利用の方へ

要支援 1・2要介護 1~5

地域密着型サービス看護小規模多機能型居宅介護

通い・訪問・泊まりに看護を組み合わせたサービスを受ける

利用者の状況に応じて、小規模な住居型の施設への「通い」を中心に、自宅への「訪問」(介護と看護)、施設に

「泊まる」サービスを柔軟に受けていただけます。

13,366円

18,702円

26,289円

29,816円

33,726円

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

※食費、宿泊費、日常生活費は別途負担となります。

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安

【事業所と同一の建物に居住していない場合】

要介護 1~5

18 19

利用できるサービス

利用できるサービス

Page 11: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

【受領委任払い方式】

登録事業所を利用する場合、

利用者は費用の1割~3割を

事業所に支払います。

【償還払い方式】

登録事業所以外を利用する場

合、利用者は費用の全額を事

業所に支払います。その後、名

古屋市から利用者に9割~7

割が支給されます。

申請が必要です

申請が必要です

生活する環境を整える

次の13種類が貸し出しの対象となります。

原則、要支援1・2の方、要介護1の方は、❶~❹のみ利用できます※。

 は、要介護4・5の方のみ利用できます。

(尿のみを自動的に吸引できるものは要支援1・2の方、要介護1~3の方も利用できます。)

●区役所福祉課または支所区民福祉課の窓口やケアマネジャーに相談します。

福祉用具貸与・介護予防福祉用具貸与

自立した生活を送るための福祉用具を借りる 要支援 1・2要介護 1~5

❶手すり(工事をともなわないもの)

❷スロープ(工事をともなわないもの)

❸歩行器

❹歩行補助つえ(松葉づえ、多点つえ等)

❺車いす

❻車いす付属品(クッション、電動補助装置等)

❼特殊寝台(電動ベッド)

❽特殊寝台付属品

 (サイドレール、マットレス、スライディングボード、

  入浴用でない介助用ベルト等)

※原則として対象となっていない用具も必要と認められた場合は例外的に借りることができる場合もあります。

費用の1割~3割が利用者負担です。(用具の種類、事業所によって費用は異なります。)

費用の1割~3割が利用者負担です。(用具の種類、事業所によって費用は異なります。) 費用の1割~3割が利用者負担です。(工事の種類、事業所によって費用は異なります。)

❾床ずれ防止用具

 体位変換器(起き上がり補助装置を含む)

 認知症老人徘徊感知機器(離床センサーを含む)

 移動用リフト

 (立ち上がり座いす、入浴用リフト、

  段差解消機、階段移動用リフトを含む)

 自動排せつ処理装置

10

11

12

13

13

次の福祉用具を指定の事業所から購入する場合に対象となります。

特定福祉用具購入・特定介護予防福祉用具購入

トイレ・入浴関連の福祉用具を買う 要支援 1・2要介護 1~5

●腰掛便座(便座の底上げ部材を含む)

●自動排せつ処理装置の交換可能部品

●入浴補助用具

 (入浴用いす、浴槽用手すり、浴槽内いす、

  入浴用介助ベルト等)

●簡易浴槽

●移動用リフトの

 つり具の部分

※区役所福祉課または支所区民福祉課に申請が必要です。

※指定の事業所以外から購入した場合は、対象となりません。

※利用限度額は1年度(4月1日から1年間)あたり10万円です。超えた額は全額自己負担とな

ります。

※着工前に区役所福祉課または支所区民福祉課に申請が必要です。

※利用限度額は利用者1人あたり20万円です。超えた額は全額自己負担となります。

 ただし、引っ越しをした場合や要介護度が著しく高くなった場合は、再度利用できます。

※1回の改修で20万円を使い切らずに、数回に分けて使うこともできます。

※レシーバー、チューブ、タンクなどのうち、尿や便の経路となるもの

支払い方法は2通りあります。

【受領委任払い方式】

登録事業所を利用する場合、

利用者は費用の1割~3割を

事業所に支払います。

【償還払い方式】

登録事業所以外を利用する場

合、利用者は費用の全額を事

業所に支払います。その後、名

古屋市から利用者に9割~7

割が支給されます。

生活環境を整えるための小規模なリフォーム(住宅改修)のう

ち、下記の工事が対象となります。

居宅介護住宅改修・介護予防住宅改修

より安全な生活が送れるように住宅を改修する 要支援 1・2要介護 1~5

介護保険の対象となる工事

●手すりの取り付け

●段差や傾斜の解消

●滑りにくい床材・移動しやすい床材への変更

●開き戸から引き戸等への扉の取り替え、扉の撤去

●和式から洋式への便器の取り替え

●その他これらの各工事に付帯して必要な工事

手続きの流れ【償還払い方式(後から払い戻される)の場合】

支払い方法は2通りあります。

※屋外部分の改修工事も給付の対象となる場合があります。

工事の前に保険給付の対象となるかどうかを、

ケアマネジャーか区役所の窓口に相談しましょう。

●工事を始める前に、区役所福祉課または支所区民福祉課の窓口に、住宅改修が必要な理由書

や申請書、改修予定箇所の写真(日付入り)等、必要書類を提出し、改修の申請をします。

●区役所福祉課または支所区民福祉課の審査結果を受けてから着工します。

●改修後、写真を撮影します(日付入り)。

●改修費用をいったん全額自己負担して事業所に支払います。

●工事が完了したら、区役所福祉課または支所区民福祉課の窓口に写真

や領収書等を提出し、改修が終わったことを伝えます。

●工事が介護保険の対象であると認められた場合、工事代金の9割~7割

が支給されます。払い戻し

払い戻し(工事完了)の手続き

工事・支払い

申 請

相談・検討

交換部品

和式便器から洋式便器

への取り替え

滑りにくい床材・移動しやすい

床材への変更

手すりの取り付け

開き戸から引き戸等への

扉の取り替えドアノブの変更・戸車等の設置

段差の解消

20 21

利用できるサービス

利用できるサービス

Page 12: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

短期間施設に入所する

短期入所生活介護(ショートステイ)

介護予防短期入所生活介護

自宅で介護を受けている方が一時的に施設に泊まる

介護老人福祉施設などに短期間入所して、

食事・入浴などの介護や機能訓練を受けてい

ただくサービスです。

共生型サービス

●ユニット型個室およびユニット型個室的多床室=共同生活室(リビング)を併設してい

る個室

●従来型個室=共同生活室(リビング)を併設していない個室

●多床室=定員2人以上の、個室ではない居室

居 室 の 違 いCheck Point

新規に入所できるのは原則として、

要介護3以上の方です。※やむを得ない事情がある場合、

要介護1・2の方も入所を認められる場合があります。

要支援 1・2要介護 1~5

1日あたりの利用者負担(1割)の目安

【併設型の施設の場合】

633円

707円

782円

856円

927円

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

739円

812円

891円

963円

1,036円

633円

707円

782円

856円

927円

要介護度 ユニット型個室ユニット型個室的多床室 従来型個室 多床室

474円

588円

要支援1

要支援2

555円

689円

474円

588円

要介護度 ユニット型個室ユニット型個室的多床室 従来型個室 多床室

※食費、滞在費、日常生活費は別途負担となります。

※原則、連続利用は30日までです。

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)

介護予防短期入所療養介護

医療の助けが必要な方が一時的に施設に泊まる

介護老人保健施設などに短期間入所して、

医学的な管理のもと、介護や機能訓練などを

受けていただくサービスです。

要支援 1・2要介護 1~5

1日あたりの利用者負担(1割)の目安

【介護老人保健施設の場合】

883円

934円

999円

1,053円

1,110円

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

889円

937円

1,003円

1,060円

1,114円

805円

853円

918円

973円

1,028円

要介護度 ユニット型個室ユニット型個室的多床室 従来型個室 多床室

653円

817円

要支援1

要支援2

664円

831円

618円

768円

要介護度 ユニット型個室ユニット型個室的多床室 従来型個室 多床室

※食費、滞在費、日常生活費は別途負担となります。

※原則、連続利用は30日までです。

施設・居住系サービス

認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)

介護予防認知症対応型共同生活介護

認知症の方が施設で共同生活を送る

認知症の方が共同で生活し

ながら、食事・入浴などの介

護や支援、機能訓練を受け

ていただくサービスです。

要支援 2要介護 1~5

地域密着型サービス

24,614円

24,738円

25,916円

26,691円

27,218円

27,745円

要支援2

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

※食費、居住費、日常生活費は別途負担となります。

※要支援1の方は利用できません。

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安 【2ユニットの事業所の場合】

特定施設入居者生活介護介護予防特定施設入居者生活介護

有料老人ホームなどに入居している方が介護サービスを受ける

指定を受けた有料老人ホーム(介護付有料老人ホーム)

などに入居している方に、食事・入浴などの介護や機能

訓練を受けていただくサービスです。サービスは、施設

の職員がサービスを行う包括型(一般型)と、外部の事業

所がサービスを提供する外部サービス利用型に区分さ

れます。

要支援 1・2要介護 1~5

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安 【包括型(一般型)】

5,983円

10,230円

17,701円

19,840円

22,134円

24,242円

26,505円

要支援1

要支援2

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

※食費、居住費、日常生活費は別途負担となります。

地域密着型サービス地域密着型特定施設入居者生活介護

小規模な有料老人ホームなどに入居している方が介護サービスを受ける

定員29人以下の小規模な介護専用の有料老人ホーム

などに入居している方へのサービ

スです。食事・入浴などの介護や

機能訓練を受けていただけます。

要介護 1~5

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安

17,701円

19,840円

22,134円

24,242円

26,505円

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

※食費、居住費、日常生活費は別途負担となります。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

生活介護が中心の施設に入所する

つねに介護が必要で、自宅では介護できない方が対象の施設です。食事・入浴など日常生活の介護を受けていただけます。

要介護 3~5

18,445円

20,708円

23,033円

25,265円

27,466円

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

21,080円

23,281円

25,699円

27,931円

30,132円

18,445円

20,708円

23,033円

25,265円

27,466円

要介護度 ユニット型個室ユニット型個室的多床室 従来型個室 多床室

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安

※食費、居住費、日常生活費は別途負担となります。

22 23

利用できるサービス

利用できるサービス

Page 13: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

新規に入所できるのは原則として、要介護3以上の方です。※やむを得ない事情がある場合、要介護1・2の方も入所が認められる場合があります。 予防専門型訪問サービス

ホームヘルパーが自宅を訪

問し、生活機能の維持・向上

を図るために、身体介護及び

掃除・洗濯等の生活支援を受

けていただくサービスです。

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安

1,291円

2,581円

4,093円

週1回程度

週2回程度

週2回超(要支援2の方のみ)

共生型サービス

事業対象者要支援 1・2

生活支援型訪問サービスホームヘルパーや名古屋市が開催する介護や生活支援の技術を

学ぶ研修を修了した方が自宅を訪問し、自立を目指した計画のも

と、掃除・洗濯・調理等の生活支援を受けていただくサービスです。

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安

1,039円

2,078円

3,117円

週1回程度

週2回程度

週2回超(要支援2の方のみ)

事業対象者要支援 1・2

地域支えあい型訪問サービス地域の元気な高齢者を中心としたボランティアが自宅を訪問し、ゴミ出しや電球の交換等の、

日常のちょっとした困りごとに対する生活支援を受けていただくサービスです。

事業対象者要支援 1・2

地域密着型 介護老人福祉施設入所者生活介護(地域密着型特別養護老人ホーム)

小規模な生活介護が中心の施設に入所する

定員29人以下の小規模な施設です。つねに介護が

必要で、自宅では介護できない方が対象です。食事・

入浴などの介護を受けて

いただけます。

要介護 3~5

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安

18,724円

21,018円

23,312円

25,637円

27,869円

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

21,328円

23,591円

26,009円

28,272円

30,535円

18,724円

21,018円

23,312円

25,637円

27,869円

要介護度 ユニット型個室ユニット型個室的多床室 従来型個室 多床室

※食費、居住費、日常生活費は別途負担となります。

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安

24,676円

28,086円

35,464円

38,626円

41,416円

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

25,420円

28,830円

36,208円

39,339円

42,160円

21,235円

24,645円

32,023円

35,185円

37,975円

要介護度 ユニット型個室ユニット型個室的多床室 従来型個室 多床室

※食費、居住費、日常生活費は別途負担となります。

介護療養型医療施設

病院での療養が中心の施設に入所する

急性期の治療が終わり、病状は安定しているもの

の、長期間にわたり療養の必要な方が対象の施設で

す。介護体制の整った医療施設で、医療や看護など

を受けていただけます。

要介護 1~5

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安

26,598円

30,163円

37,882円

41,168円

44,113円

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

27,156円

30,752円

38,440円

41,726円

44,671円

23,002円

26,567円

34,286円

37,572円

40,517円

要介護度 ユニット型個室ユニット型個室的多床室 従来型個室 多床室

※食費、居住費、日常生活費は別途負担となります。

介護医療院

長期間、医療が必要な方向け

長期療養のための医療

と日常生活上の介護を

一体的に提供します。

要介護 1~5

地域密着型サービス

介護が必要な状態になることを予防し、自立した生活を目指した生活支援のサービスです。心身の状態に応

じて適切なサービスが受けられます。

○記載の利用者負担は目安であり、また、各種加算等の分は含んでいません。利用するサービスや施設の状

況などにより各種加算等が生じますので、実際にお支払いいただく額は、これら各種加算等の分を加えた

ものになります。

○令和元年10月からほとんどのサービスの利用者負担が引き上げられる予定です。

介護予防・生活支援サービス事業

訪問サービス

訪問サービスのうち、「予防専門型訪問サービス」と

「生活支援型訪問サービス」は、併用できません。

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安

25,544円

27,125円

29,140円

30,845円

32,581円

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

25,730円

27,218円

29,295円

31,031円

32,736円

23,126円

24,614円

26,629円

28,365円

30,039円

要介護度 ユニット型個室ユニット型個室的多床室 従来型個室 多床室

※食費、居住費、日常生活費は別途負担となります。

介護老人保健施設

介護やリハビリが中心の施設に入所する

病状が安定し、リハビリ

に重点をおいた介護の必

要な方が対象の施設で

す。医学的な管理のもと

で介護や看護、リハビリ

を受けて、家庭への復帰

を目指します。

要介護 1~5

利用者負担はありません。なお、地域支えあい手帳(※)の

交付にあたっては、実費300円が必要となります。

※サービスの利用説明を掲載しており、サービスの利用を記録いただくものです。

●お住まいの地域によっては、提供できない場合があります。

 (現在、全市での展開を目指し、順次、実施地域を拡大しています。)

24 25

利用できるサービス

利用できるサービス

Page 14: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

共生型サービス

通所サービス

通所サービスのうち、「予防専門型通所サービス」、

「ミニデイ型通所サービス」、「運動型通所サービス」は併用できません。(いずれか1つのサービスをご利用いただけます。)

予防専門型通所サービス

事業対象者要支援 1・2

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安

1,759円

3,607円

週1回程度

週2回程度(要支援2の方のみ)

※食費、日常生活費は別途負担となります。

施 設 デイサービスセンター等

食事・入浴などの介護や機能訓練を

受けていただくサービスです。

参加人数

実施期間

少人数のグループで楽しく行います。

目安は、6カ月間(週1回)とします。

生活支援サービス

自立支援型配食サービス

『なごや介護予防・認知症予防プログラム』心と身体の維持・改善を目指します!!!!

事業対象者要支援 1・2

1回あたりの利用者負担(1割)の目安

20円1回

上記の費用は、安否確認等に要する費用であり、

弁当代は別途必要です。

自立した生活や栄養改善等のため、1日1食を限度として、自宅に弁当の配達を行います。

あわせて、配達時に安否確認を行い、必要な場合には関係機関に連絡させていただきます。

ミニデイ型通所サービス

事業対象者要支援 1・2

1カ月あたりの利用者負担(1割)の目安

1,481円週1回(原則6カ月間)

※食費は別途負担となります。

施 設

内 容

内 容

デイサービスセンター等

自立した生活を目指して『なごや介護予防・認知症予防プログラム』(P27)を活用した

機能訓練等を受けていただくサービスです。(原則6カ月間)

内 容

ウォーミングアップ アセスメント 運動(脳賦活運動)

栄 養 口 腔 セルフチャレンジプログラム

運動型通所サービス

事業対象者要支援 1・2

1回あたりの利用者負担(1割)の目安

246円週1回(原則6カ月間)

※食費は別途負担となります。

施 設

内 容

デイサービスセンターや老人保健施設、フィットネスクラブ等

転倒予防や足腰の筋力保持のため、自宅でもできる

軽い運動や体操などを行います。(原則6カ月間)

○サービスの中に「送迎」は含まれません。

プログラム内容

運動・栄養・口腔分野などの専門家が検討して作った本市独自のプログラムです。

プログラム参加者の声

介護を予防する取り組みの中でも、認知症の予防に効果があるといわれる内容を取り入れています。

そして、心と体の両方に働きかけることができるよう、さまざまな内容を効果的に組み合わせています。

ウォーミング

アップを続けていくと、

肩や膝の痛みも

抑えられました。

(82歳)

日ごろ食べていない

食材がわかったことで、

心がけて食べるように

なりました。(74歳)

自宅でも簡単に行いやすい体

操で、体を温めて動かしやすい

状態にします。

体力測定等を行い、体の状態を

確認します。

グループで運動しながら、計算

やじゃんけん等、ルールに沿っ

て頭を使います。

栄養バランスのよい食事や簡単

な調理法について学び、実生活に

取り入れられるよう支援します。

お口の体操を行い、噛む力や唾

液を増やし、十分な栄養が吸収

できるよう支援します。

それぞれ一人ひとりが目標を立

て、自分らしく楽しく取り組みま

す。

自宅でも運動を

繰り返すようにすると、

トイレでの立ち上がりも

スムーズになりました。

(76歳)

26 27

利用できるサービス

利用できるサービス

Page 15: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

各区の保健センター等において、認知症予防や運動機能、栄養、口腔等に関する

介護予防教室や講演会等を開催しています。

高齢者の方が介護予防の活動に取り組んでいただけるよう、介護予防や認知症予防の知識を学ぶ教室を開

催するもので、身近な場所で気軽に集まり、楽しくふれあいを深めて交流することができる「通いの場」を提供

しています。

○教室・施設などの開催日時は、それぞれのお問合せ先へお尋ねください。

一般介護予防事業

対象者

利用者負担

65歳以上のすべての方

利用者負担はありません。(ただし、教材費や宿泊費等の実費負担は別途必要です。)

お問合せ先

各区の保健センター ▶ P43

各区の福祉会館では、認知症予防のための運動を行ってい

ます。また、認知症予防に役立つ知識や活動について学ぶ教

室を開催しています。

お問合せ先

各区の福祉会館 ▶ P43

コミュニティセンターなど身近な場所において、レクリエーションや趣味の教室等を通じて

仲間づくりのできるプログラムを行っています。

お問合せ先

各区の社会福祉協議会 ▶ P43

いきいき教室保健センター

休養温泉ホーム松ケ島において、保健師などによる健康相談や健康講話を定期的に行うとともに、

健康指導を中心とした宿泊プランを提供しています。

お問合せ先

名古屋市休養温泉ホーム松ケ島 ☎0594-42-3330

健康イベント・健康宿泊プラン休養温泉ホーム松ケ島で

健康づくりのきっかけとなるよう、大学と連携して科学的根拠を重視した、

楽しく続けられる健康づくり講座を開催しています。

お問合せ先

健康福祉局 健康増進課 ☎972-3078

なごや健康カレッジ大学で

高齢者の方が、身近な場所で気軽に集まり、楽しくふれあいを深めて交流で

きる場所です。地域の住民の方などが高齢者サロンを開催しています。

お問合せ先

各区社会福祉協議会 ▶ P43

高齢者サロンって?Check Point

高齢者サロン身近な場所で

認知症予防教室福祉会館

高齢者はつらつ長寿推進事業コミュニティセンター

Q

Aおしゃべりや情報交換、茶話会、食事会、体操、ゲーム、季節の行事など、

参加者が楽しめる内容が用意されています。

どんなことをしているの?

Q

Aコミュニティセンターや集会所、個人宅など、

色々な場所で開かれています。

どんなところでやっているの?

Q

A月1~2回など、定期的に開かれています。

高齢者サロンによって開催の頻度や回数が異なります。

いつ開かれているの?

「高齢者サロン」は、誰でも参加できる、まるで地域の『お茶の間』のようなところ。お近

くでお気に入りの場所が見つかるかもしれません。ぜひ足を運んでみてください。

28 29

利用できるサービス

利用できるサービス

Page 16: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

1 2 3

4 5 6

最近、よくつまずくよう

になった

運動器の機能低下 

家の中や外出先で転ん

でしまった

閉じこもりの状態

転ぶのがこわくて外出し

なくなった

低栄養の状態

動かないので食欲もわか

ず欠食するようになった

生活機能の低下

ますます筋力が低下。立つ

こともままならない状態に

ついには寝たきりに!!

「年をとって体を動かすことがおっくうになった」「歯が抜けて食べ物が思うように食べられなくなった」など、

日常のちょっとしたことから介護が必要になる例が多くあります。寝たきりとは関係ないように思われそうで

すが、体を動かさなかったり栄養が不足したりすると筋力が低下し、転倒しやすくなります。そして転倒が原

因で骨折すると、そのまま寝たきりの状態になる危険性が高まります。

いつまでもハツラツと元気に過ごすためにも、心身の老化のサインに早く気づき、体の機能を維持・向上させ

るなどの対応を心がけましょう。

利用者負担について

サービスを利用した場合、原則として費用の1割~

3割を負担し、9割~7割が介護保険から給付され

ます。

サービスにかかる費用

今はまだ不自由なく動けるから自分は大丈夫、という過信は

禁物。元気なときこそ介護予防に取り組むチャンスです。

体力づくりや食生活の改善、口腔ケアなど、毎日の生活です

ぐにできることから始めましょう。

元気なうちから介護予防を!Check Point

★サービスを利用するとき(介護保険被保険者証とあわせて

 サービス事業所等に提示してください)      など

こんなときに必要ですCheck Point

寝たきりはちょっとしたことから

○上記の表にかかわらず、64歳以下の方、市町村民税非課税の方や生活保護等を受けている方の負担割合は1割です。

※1 「合計所得金額」については、P7を参照してください。

※2 年金収入には、遺族年金や障害年金などの非課税年金は含まれません。

介護保険で認定を受けた方及び事業対象者の方には、一人に1枚、介護保険

負担割合証を交付します。サービスを利用したときに支払う利用者負担の割

合(1割~3割)を記載しています。

■適用期間は8月~翌年7月で、毎年交付します。

■負担割合証は毎年色が変わります。

サービスの利用者負担割合

介護予防で元気づくり!

寝たきりにならないよう、今日から介護予防をしましょう!

介護保険給付

9割~7割

サービス費用(10割)

利用者負担

1割~3割

介護保険負担割合証

❶本人の合計所得金額※1が220万円以上

❷同一世帯の65歳以上の方の年金収入※2と

 合計所得金額(年金収入に係る所得分を除く)の合計が

 ・同一世帯に本人以外に65歳以上の方がいない場合 340万円以上

 ・同一世帯に本人以外に65歳以上の方がいる場合  463万円以上

❶本人の合計所得金額※1が160万円以上

❷同一世帯の65歳以上の方の年金収入※2と

 合計所得金額(年金収入に係る所得分を除く)の合計が

 ・同一世帯に本人以外に65歳以上の方がいない場合 280万円以上

 ・同一世帯に本人以外に65歳以上の方がいる場合  346万円以上

上記以外の方

3割

2割

1割

負担割合 基準(以下①②のいずれにも該当する場合)

住所、氏名、生年月日などに誤りがないか確認しましょう

利用者負担の割合(1割~3割)を記載しています

30 31

利用者負担について

利用できるサービス

Page 17: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

介護サービス・介護予防サービスの在宅系サービス及び介護予防・生

活支援サービス事業は、要介護度ごとに利用できる限度額が決められ

ています。限度額を超えてサービスを利用したときは、超えた分が全額

自己負担となります。

在宅系サービス等の支給限度額

短期入所、施設・居住系サービスを利用した場合

サービスの支給限度額

50,030円

104,730円

166,920円

196,160円

269,310円

308,060円

360,650円

50,320円

105,310円

167,650円

197,050円

270,480円

309,380円

362,170円

要支援1・事業対象者

要支援2

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

上記は目安であり、利用するサービスによって異なります。

要介護状態区分支給限度額(1ヶ月の目安)

~令和元年9月 令和元年10月~(予定)

支給限度額の中に含まれないサービスもあります

※介護予防サービスについても同様です。

※施設に入所して利用するサービスは、支給限度額に含まれません。

※日常生活費…身の回り品の費用・教養娯楽費など

利用者負担(1割~3割)

食 費居住費(滞在費) 日常生活費

居住費(滞在費)、食費の目安

P23のサービス(介護老人福祉施設を除く)は対象外です

利用者の負担額は施設との契約により決まり、居室の種類や施設により異なります。世帯に市町村民税を課

税されている方がいる場合は、下表の金額が標準的な費用となります。

※〈 〉内は特別養護老人ホームに入所または短期入

所生活介護を利用した場合の従来型個室の額です。

※施設の設定した居住費(滞在費)・食費が上表の金

額を下回る場合は、施設の設定した金額が基準と

なります。

※居室の種類については、右記のように区分けされます。

※令和元年10月から( )内の金額に変更される予

定です。

特別養護老人ホーム

短期入所生活介護

介護老人保健施設

介護医療院

介護療養型医療施設

短期入所療養介護

利用者負担額(日額)ユニット型個室

1,970円

(2,006円)

1,640円(1,668円)

〈1,150円(1,171円)〉

1,640円

(1,668円)

840円

(855円)

370円

(377円)

多床室食 費

居住費(滞在費)ユニット型個室的多床室

従来型個室

1,380円

(1,392円)

所得の低い方は居住費(滞在費)・食費が軽減されます

P23のサービス(介護老人福祉施設を除く)は対象外です

下表の第1から第3段階に該当する方は、下表の限度額までの負担となります。あらかじめ区役所福祉課また

は支所区民福祉課へ申請し、発行された負担限度額認定証を、サービスを利用する施設に提示する必要が

あります。ただし、一定以上の預貯金等の資産がある場合は、対象外となります。*1

住民税が課税されている世帯に対する居住費・食費の軽減

負担限度額の認定は住民税が課税されている世帯は対象になりませんが、高齢夫婦などで

一方が施設に入所した場合、在宅で生活する配偶者が生計困難にならないよう、一定の要件

を満たす場合には、居住費・食費が軽減されます。

※〈 〉内は特別養護老人ホームに入所または短期入所生活介護を利用した場合の従来型個室の額です。

※施設の設定した居住費(滞在費)・食費が限度額を下回る場合は、施設の設定した金額が基準となります。

※限度額を超えた分は、特定入所者介護サービス費として介護保険から施設に支払われます。

*1 世帯が分かれていても配偶者に市町村民税が課税されている場合や、預貯金等が一定額(単身1,000万円、夫婦2,000万円)を

超える場合などは対象外となります。

*2 「合計所得金額」については、P7を参照してください。

第1段階

第2段階

第3段階

820円

820円

1,310円

0円

370円

370円

300円

390円

650円

利用者負担額(日額)ユニット型個室

490円

〈320円〉

490円

〈420円〉

1,310円〈820円〉

多床室

食費の

限度額

居住費(滞在費)の限度額ユニット型個室的多床室

従来型個室

申請が必要です

●老齢福祉年金受給者で世帯全員が市町

村民税非課税の方

●生活保護の受給者など

●世帯全員が市町村民税非課税で、本人の年

金収入(遺族年金・障害年金等の非課税年

金を含む)と合計所得金額*2(年金収入に係

る所得分を除く)の合計が80万円以下の方

●世帯全員が市町村民税非課税で第2段階

に該当しない方

ユニット型個室

ユニット型個室的多床室

従来型個室

多床室

居室の種類

共有リビングがある完全個室部屋

共有リビングがある簡易個室部屋

共有リビングがない個室部屋

相部屋

申請が

必要です

●特定福祉用具購入(1年間10万円まで)

●居宅介護住宅改修(20万円まで)

●居宅療養管理指導

●地域支えあい型訪問サービス

●配食サービス(生活援助型・自立支援型)

32 33

利用者負担について

利用者負担について

Page 18: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

利用者負担の負担上限額(月額)

15,000円(個人)

15,000円(個人)

24,600円  

44,400円※3   

高額介護サービス費

同じ世帯の利用者が、同じ月に利用した介護サービス・介護予防サービスの利用者

負担の合計が、一定の上限額を超えたときは、超えた分を支給します。(初回のみ区

役所福祉課または支所区民福祉課へ申請していただければ、以後は自動的に口座

に振り込まれます。)

介護予防・生活支援サービス事業の利用者負担についても同様の制度(総合事業高

額サービス費)があります。

介護保険以外の公費助成制度で受給者証の交付を受けている方(公費負担医療受給者)のうち、

公費分本人負担が生じた方は、公費分本人負担にかかる

領収書及び受給者証を添付のうえ、別途申請できます。 

※1 年金収入には、遺族年金や障害年金などの非課税年金は含まれません。

※2 「合計所得金額」については、P7を参照してください。

※3 1割負担者のみの世帯(課税所得145万円以上の65歳以上の方がいて、世帯内の65歳以上の方の収入合計が単

身で383万円以上、2人以上で520万円以上である世帯を除く。)については、年間上限額446,400円(37,200円

×12カ月)が設定されます。〔3年間の時限措置(平成29年8月から平成30年7月までの1年間のサービス分から)〕

●特定福祉用具購入の利用者負担分

●居宅介護住宅改修の利用者負担分

●配食サービス(生活援助型・自立支援型)の利用者負担分

●支給限度額を超える利用者負担分

●居住費(滞在費)・食費・日常生活費など

このような費用は対象となりませんCheck Point

生活保護の受給者など

世帯全員が市町村民税非課税

市町村民税課税者がいる世帯

利用者負担段階区分 上限額

介護保険の利用者負担が高くなったとき

・老齢福祉年金受給者

・年金収入※1と合計所得金額※2(年金収入に係る所得分を除く)の

合計が80万円以下の方

世帯の負担限度額(年額)

【70歳以上の方、後期高齢者医療の方】

高額医療合算介護サービス費

年間の介護サービス・介護予防サービスと医療費の利用者負担(それぞれサービスの限度額適用後の利用者

負担)の合計が一定の限度額を超えたときは、超えた分を支給します。

「高額介護サービス費」の支給に加え、各医療保険(国民健康保険、被用者保険、後期高齢者医療制度)

における世帯内で、1年間(8月から翌年7月)の医療保険と介護保険の利用者負担額を合算した額から

世帯の負担限度額(年額)を差し引いた額が501円以上となる場合、この限度額を超えた分の内、介護

保険にかかる部分を「高額医療合算介護サービス費」として支給します。なお、医療保険にかかる部分

については「高額介護合算療養費」として医療保険者より支給されます。

※介護予防・生活支援サービス事業と医療費の利用者負担(それぞれサービスの限度額適用後の利用者負担)の合計に

ついても同様の制度(総合事業高額医療合算サービス費)があります。

介護保険と医療保険の利用者負担が高くなったとき

一定以上所得

がある世帯

所得区分保険区分 ・後期高齢者医療(世帯内の被保険者)+介護保険

・被用者保険又は国民健康保険(世帯内の70~74歳)+介護保険

690万円以上

380万円以上690万円未満

145万円以上380万円未満

一般世帯

市町村民税非課税世帯

❸のうち、所得が一定以下の世帯

212万円

141万円

67万円

56万円

31万円

19万円

※所得区分❹の世帯の中で、サービスを実際に利用している方が複数いる場合は、❸の負担限度額が適用されます。

課税所得

【70歳未満の方】

所得区分保険区分 被用者保険または

国民健康保険(世帯内の70歳未満)+介護保険

市町村民税非課税世帯

212万円

141万円

67万円

60万円

34万円

※所得とは、前年中(1月~7月は前々年中)のすべての所得(退職所得を除く)を合計した金額から基礎控除額(33万円)

 を差し引いた後の額です。

901万円超

600万円超901万円以下

210万円超600万円以下

210万円以下

所得額※

申請が必要です 申請が必要です

申請書

34 35

利用者負担について

利用者負担について

Page 19: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

※1 上記①~③の認定基準と要介護認定の基準は異なりますが、要介護認定を受けている方は障害者控除の対象とな

る場合があります。

※2 同居している控除対象配偶者または扶養親族が特別障害者に該当する場合

認知症高齢者グループホーム居住費助成

認知症高齢者グループホームに入居する、以下の①~③すべての要件を満たす方に対して、月額20,000円

を上限に居住費を助成します。

あらかじめ区役所福祉課または支所区民福祉課へ申請し、発行された助成認定証を、サービスを利用するグ

ループホームへ提示する必要があります。

①市町村民税非課税世帯

 (別世帯に配偶者がいる場合は、その配偶者も市町村民税非課税)

②本人の年金収入(遺族年金・障害年金等の非課税年金を含む)と合計所得金額※

 (年金収入に係る所得分を除く)の合計が80万円以下

③預貯金等が一定額以下(単身1,000万円、夫婦2,000万円)

災害等による負担の減免制度

災害により住宅などに著しい損害を受けたことや、生計を支えている方が長期間入院したことなどにより、利

用者負担の支払いにお困りの方は、申請により利用者負担(1割~3割)が減免されることがあります。区役所

福祉課または支所区民福祉課へお問合せください。

その他の負担軽減

対象と

なる方

対象

サービス

※「合計所得金額」については、P7を参照してください。

*生活保護受給者または中国残留邦人等支援給付受給者については、助成の対象になりません。

社会福祉法人等による利用者負担の軽減制度(社福軽減)

生活保護受給者もしくは、中国残留邦人等支援給付受給

者(以下、生活保護受給者等という。)または市町村民税

非課税世帯で世帯収入や預貯金等が一定条件にあては

まる方については、軽減を実施している社会福祉法人等

が利用者負担を減額する制度があります。

あらかじめ区役所福祉課または支所区民福祉課へ申請

し、発行された社福軽減の確認証を、サービスを利用す

る施設等へ提示する必要があります。

軽減を実施している社会福祉法人及び名古屋市が行っている以下のサービスについて、利用者

負担(1割)、居住費(滞在費)および食費の一部が減額されます。生活保護受給者等については、

特別養護老人ホームまたは(介護予防)短期入所生活介護における個室の居住費(滞在費)に限

ります。

内 容

●介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

●地域密着型介護老人福祉施設

 入所者生活介護(特別養護老人ホーム)

●訪問介護

●夜間対応型訪問介護

●予防専門型訪問サービス

●通所介護(デイサービス)

●地域密着型通所介護(デイサービス)

●認知症対応型通所介護(デイサービス)*

●予防専門型通所サービス

●短期入所生活介護(ショートステイ)*

●小規模多機能型居宅介護*

●定期巡回・随時対応型訪問介護看護

●看護小規模多機能型居宅介護

*は介護予防型を含む

申請が必要です

申請が必要です

障害者ホームヘルプサービスを利用していた方などの負担軽減の支援措置

65歳となり介護保険適用となった方で、その前おおむね1年間障害者施策によるホームヘルプサービスを利

用していた方または特定疾病を原因とした障害によって要介護認定等を受けた40歳~64歳の方で、障害福

祉サービスにおいて、生活保護を必要としなくなるよう、負担額を0円とされている方については、訪問介護、

夜間対応型訪問介護及び予防専門型訪問サービスの利用者負担が減額されます。

あらかじめ区役所福祉課または支所区民福祉課へ申請し、発行された減額認定証を、サービスを利用する事

業所等へ提示する必要があります。

納税義務者本人または控除対象配偶者や扶養親族が65歳以上で、ねたきりや認知症のために下の表の①

~③のいずれかに該当し、社会福祉事務所長から障害者控除対象者認定を受けた場合は、所得税や市・県民

税の障害者控除の対象となります。

この認定を受けるには、区役所福祉課または支所区民福祉課への申請が必要です。(身体障害者手帳などに

より障害者控除が受けられる方は、申請は不要です。)

所得税、市・県民税の障害者控除対象者認定

申請が必要です

申請が必要です

申請が必要です

区 分

対象者※1

所得税

市・県民税

27万円

26万円

40万円

30万円

(同居の場合※2)75万円

(同居の場合※2)53万円

①軽度・中度の

 認知症の方

②重度の認知症の方

③6カ月以上ねたきりで食事・排せつ等の

 日常生活に支障がある方

障 害 者 特 別 障 害 者

控除額

36 37

利用者負担について

利用者負担について

Page 20: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

いつまでも

元気に!

介護予防をすすめます

●事業対象者の方への支援

●要支援1・2と認定された

 方への支援

高齢者の方々の

権利を守ります

●高齢者虐待・権利擁護

 消費者被害の相談

「認知症高齢者

を介護するご家族」

を支援します●家族教室 ●家族サロン

●医師(もの忘れ相談医)の

 専門相談

●認知症サポーター

 養成講座の開催孤立しがちな

方への見守り支援を

行います

●孤立しがちな方への

 個別支援

●見守り電話

さまざまな問題に

ついて相談に応じます

●健康・福祉・介護などの

 総合的な相談

●認知症に関する相談

保健師等社会福祉士

主任介護

支援専門員 認知症に関する専門の電話相談窓口社会福祉士

などが認知症に関する

さまざまな相談に

対応します。

「いきいき支援センター」は、高齢者の方々がいつまでも住み慣れた地域で安心して生活できるよう、保健師・

社会福祉士・主任介護支援専門員などの専門職がチームとなって、健康・福祉・介護などさまざまな面から高

齢者の方々を支える機関です。

「認知症高齢者を介護するご家族」を支援するとともに、認知症高齢者の方やご家族が安心して暮らせるよ

う、地域住民が認知症を正しく理解し、見守りや声かけ、手助けができる地域を目指します。

高齢者の方々が、身近な場所で相談できるよう、委託を受け

た居宅介護支援事業所が「高齢者いきいき相談室」を開設して

います。いきいき支援センターと連携し、健康・福祉・介護等の

相談に応じます。

このマークののぼりが目印です。▶

●高齢者虐待について

高齢者の方への虐待の防止や早期対応を

図るため、「高齢者虐待相談センター(☎

052-856-9001)」や区役所などの関係

機関と連携し、ご相談に応じます。

●消費者被害について

高齢者の方を対象にした悪質な訪問販売

や住宅リフォームなどの被害が増加して

います。契約の際にご心配がある場合や

被害の恐れがある場合は、消費生活セン

ター(☎052-222-9671)と連携し、ご相

談に応じます。

●権利擁護について

お金の管理や契約などに不安がある高齢者の方で、ご家族

などがいない場合、「名古屋市障害者・高齢者権利擁護セン

ター(※)」や「成年後見制度」の利用などについてのご相談

に応じます。

いきいき支援センター

認知症コールセンターをご利用ください。

☎052-919-6633

受付時間

月・水・木・金曜日▶午前10時~午後4時

火   曜   日▶午後 2時~午後8時(祝休日、年末年始を除きます。)

事業対象者と判定された方には

介護予防・生活支援サービス事業の利用について

ご相談に応じます。

要支援1・2と認定された方には

介護予防サービス、介護予防・生活支援サービス事業の利用について

ご相談に応じます。

※名古屋市障害者・高齢者権利擁護センター

センター

北 部

南 部

東 部

電 話 番 号

☎052-919-7584

☎052-678-3030

☎052-803-6100

担 当 地 域

千種区、昭和区、瑞穂区、南区、緑区、名東区、天白区

東区、北区、西区、守山区

中村区、中区、熱田区、中川区、港区

開設時間 月~金曜日(祝休日、年末年始を除きます) 午前9時~午後5時 相談費用は無料です。

相談費用は無料です。通話料金がかかります。

相談・お問合せ窓口いきいき支援センター(地域包括支援センター)

高 齢 者 いきいき相 談 室Check Point

医療・介護の専門職と専門医とで構成された「認

知症初期集中支援チーム」が、認知症が疑われ

る方、認知症の方とそのご家族への訪問等によ

る支援を通じ、自立生活のサポートをします。

認知症地域支援推進員を中心として、地域資

源の把握や「なごや認知症カフェ」の運営支

援などを行い、認知症の方やそのご家族が暮

らしやすい地域づくりを進めます。

認知症の早期発見・早期対応へ

向けた支援を行います

認知症の方が安心して

暮らせる地域づくりを進めます

いつまでも元気に! 介護予防をすすめます

高齢者のみなさまの権利を守ります

「認知症高齢者を介護するご家族」を支援します

38 39

相談・お問合せ窓口

相談・お問合せ窓口

Page 21: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

区 所在地 ・ 電話 ・ FAX番号

千 種

西

中 村

昭 和

瑞 穂

担当地域(小学校区名)

区内全域

区内全域

上野、自由ケ丘、大和、

千代田橋、東山、富士見台、

星ケ丘、宮根

味鋺、大杉、川中、金城、

楠、楠西、光城、清水、

西味鋺、如意

稲生、榎、上名古屋、児玉、

栄生、城西、庄内、なごや、

枇杷島、南押切

稲西、稲葉地、諏訪、豊臣、

中村、日比津、ほのか

御器所、松栄、白金、

鶴舞、吹上、村雲

汐路、豊岡、中根、弥富、陽明

内山、千石、高見、田代、千種、春岡、見付

飯田、城北、杉村、辻、東志賀、宮前、名北、六郷、六郷北

浮野、大野木、中小田井、比良、平田、比良西、山田

岩塚、米野、笹島、千成、八社、日吉、牧野、柳

伊勝、川原、滝川、広路、八事

井戸田、高田、穂波、堀田、瑞穂、御劔

名 称

千種区桜が丘11-1 ソフィアビル1階

千種区宮根台一丁目4-24 山内ビル1階

千種区西崎町2丁目4-1 千種区在宅サービスセンター内

東区泉二丁目28-5 東区在宅サービスセンター内

東区矢田四丁目5-11 レジデンスアロー1階

北区平安二丁目1-10 第5水光ビル2階

北区清水四丁目17-1 北区在宅サービスセンター内

北区中味鋺三丁目414

西区市場木町157 パークサイドなかしま1階

西区花の木二丁目18-1 西区在宅サービスセンター内

西区菊井二丁目2-3 アーバネス菊井ビル2階

中村区名楽町4丁目7-18 中村区在宅サービスセンター内

中村区稲葉地本通1丁目3 魚住稲葉地ビル西号室

中村区豊国通1丁目14

中区上前津二丁目12-23 中区在宅サービスセンター内

中区栄四丁目1-8 中区役所地下2階

昭和区滝川町33 いりなかスクエア3階

昭和区御器所三丁目18-1 昭和区在宅サービスセンター内

昭和区阿由知通4丁目7 グローバル御器所2C

瑞穂区佐渡町3丁目18 瑞穂区在宅サービスセンター内

瑞穂区洲山町二丁目21 啓徳名古屋南ビル1階

瑞穂区堀田通1丁目18 シティアーク1階

☎781-8343 FAX781-8346

☎726-8944 FAX726-8966

☎763-1530 FAX763-1547

☎932-8236 FAX932-9311

☎711-6333 FAX711-6313

☎991-5432 FAX991-3501

☎915-7545 FAX915-2641

☎902-7232 FAX902-7233

☎505-8343 FAX505-8345

☎532-9079 FAX532-9020

☎562-5775 FAX562-5776

☎486-2133 FAX486-2140

☎412-3030 FAX412-3110

☎483-6866 FAX483-6867

☎331-9674 FAX331-9953

☎262-2265 FAX262-2275

☎861-9335 FAX861-9336

☎884-5513 FAX883-2231

☎852-3355 FAX852-3344

☎858-4008 FAX842-8122

☎851-0400 FAX851-0410

☎872-1705 FAX872-1707

千 種 区 東 部

千 種 区 西 部

東 区

北 区 東 部

北 区 西 部

西 区 北 部

西 区 南 部

中 村 区 北 部

中 村 区 南 部

中 区

昭 和 区 東 部

昭 和 区 西 部

瑞 穂 区 東 部

瑞 穂 区 西 部

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

分 室

分 室

分 室

分 室

分 室

分 室

分 室

分 室

熱田区神宮三丁目1-15 熱田区在宅サービスセンター内

熱田区大宝三丁目6-26 シャンボール日比野1階

中川区八幡本通2丁目27 コーポ中野1階

中川区小城町一丁目1-20 中川区在宅サービスセンター内

中川区春田四丁目119 プリマヴェーラ1階

港区港楽二丁目6-32 港区在宅サービスセンター内

港区寛政町6丁目25

港区知多二丁目2215 レーブエル1階

南区桜台一丁目1-25 桜ビル1階

南区道徳通三丁目46

南区前浜通3丁目10 南区在宅サービスセンター内

守山区小幡南一丁目24-10 守山区在宅サービスセンター内

守山区吉根南1401

守山区瀬古東二丁目411

緑区鳴子町1丁目7番1 緑区在宅サービスセンター

緑区徳重五丁目625 アーバニティ幸1階

緑区左京山3038

名東区上社一丁目802 名東区在宅サービスセンター内

名東区明が丘124-2 ami ami annex 2階

名東区にじが丘2丁目7 アーバンラフレ虹ヶ丘西2号棟

天白区原一丁目301 天白区在宅サービスセンター内

天白区原五丁目1303 三和シャトー1階

天白区大坪二丁目604

☎671-3195 FAX671-1155

☎682-2522 FAX682-2505

☎354-8343 FAX354-8341

☎352-8258 FAX353-5879

☎364-7273 FAX364-7271

☎651-0568 FAX651-1167

☎381-3260 FAX381-3261

☎309-7411 FAX309-7412

☎811-9377 FAX811-9387

☎698-7370 FAX698-7380

☎819-5050 FAX819-1123

☎758-2013 FAX758-2015

☎736-0080 FAX736-0081

☎758-5560 FAX758-5582

☎899-2002 FAX891-7640

☎877-9001 FAX877-8841

☎624-8343 FAX624-8361

☎726-8777 FAX726-8776

☎771-7785 FAX771-7702

☎720-6121 FAX720-5400

☎809-5555 FAX385-8451

☎808-5400 FAX808-5322

☎839-3663 FAX839-3665

所在地 ・ 電話 ・ FAX番号

中 川

守 山

名 東

天 白

担当地域(小学校区名)

赤星、荒子、五反田、正色、

千音寺、戸田、豊治、長須賀、

西前田、野田、春田、万場、明正

旭出、浦里、大清水、片平、

神の倉、熊の前、黒石、小坂、

常安、滝ノ水、戸笠、徳重、

長根台、鳴子、鳴海東部、桃山

区内全域

小碓、港西、正保、神宮寺、

高木、当知、南陽、西福田、

福田、福春、明徳

天子田、大森、大森北、小幡、

吉根、志段味西、志段味東、

下志段味、苗代、本地丘、

森孝西、森孝東

猪高、猪子石、香流、北一社、

引山、藤が丘、平和が丘、

本郷、豊が丘、蓬来

相生、植田、植田北、植田東、

植田南、しまだ、高坂、原、

平針、平針北、平針南

梅森坂、上社、貴船、極楽、高針、西山、前山、牧の原、名東

愛知、篠原、昭和橋、玉川、露橋、常磐、中島、西中島、広見、八熊、八幡

稲永、大手、港楽、成章、東海、中川、西築地、野跡、東築地

大磯、春日野、菊住、桜、伝馬、

道徳、豊田、明治、呼続

小幡北、白沢、瀬古、鳥羽見、西城、廿軒家、二城、守山

笠寺、柴田、大生、宝、千鳥、白水、宝南、星崎、笠東

相原、有松、大高、大高北、大高南、桶狭間、太子、鳴海、南陵、東丘、平子、緑

大坪、表山、天白、野並、八事東、山根

名 称

熱 田 区

中 川 区 東 部

中 川 区 西 部

港 区 東 部

港 区 西 部

南 区 北 部

南 区 南 部

守 山 区 東 部

守 山 区 西 部

緑 区 北 部

緑 区 南 部

名 東 区 北 部

名 東 区 南 部

天 白 区 東 部

天 白 区 西 部

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

いきいき支援センター

分 室

分 室

分 室

分 室

分 室

分 室

分 室

分 室

高齢者の総合相談窓口 いきいき支援センター(地域包括支援センター)

40 41

相談・お問合せ窓口

相談・お問合せ窓口

Page 22: 介護保険被保険者証の交付...4 5 介 護 保 険 制 度 の し く み 介 護 保 険 制 度 の し く み 名古屋市に住んでいる40歳以上の方は、介護保険の被保険者です。年齢によって2種類に分かれ、介護サー

はち丸在宅支援センターは医療や介護が必要になっても住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよ

う、市民からの在宅療養に関する様々な相談に専門知識を持った相談員が対応します。また、切れ目のない

在宅医療・介護サービスを提供できるよう多職種の連携を支援します。

在宅療養に関する不安やお悩みについて、お気軽に相談ください。

はち丸在宅支援センター(在宅医療・介護連携支援センター)

☎732-0874

☎933-0874

☎982-0874

☎561-0874

☎481-0874

☎201-0874

☎763-0874

☎852-0874

☎683-0874

☎354-0874

☎652-0874

☎823-0874

☎795-0874

☎896-0874

☎702-0874

☎800-0874

電 話

FAX732-0875

FAX937-8741

FAX982-0875

FAX561-0875

FAX481-0876

FAX201-0877

FAX763-0875

FAX852-0875

FAX683-0881

FAX354-0875

FAX652-0878

FAX823-0876

FAX795-0881

FAX896-0876

FAX702-0876

FAX800-0875

FAX番号

千 種

西

中 村

昭 和

瑞 穂

熱 田

中 川

守 山

名 東

天 白

所 在 地

千種区内山1-18-13 富山ビル2階

東区葵1-4-38 名古屋市医師会館5階

北区大曽根3-4-14 ポルト大曽根1階

西区栄生2-26-11 名鉄病院1号館4階

中村区太閤通4-1 鵜飼リハビリテーション病院1階

中区三の丸1-3-1 名城病院1階

瑞穂区瑞穂町字川澄1 名古屋市立大学病院地下1階

中川区高畑1-222 中川区休日急病診療所2階

港区千鳥1-13-22 名古屋市医師会看護専門学校1階

南区松池町3-19 笠寺病院1階

守山区小幡1-3-2 守山区休日急病診療所1階

緑区潮見が丘1-77 名古屋市立緑市民病院3階

名東区本郷2-14 サンライズⅡ 1階

天白区荒池2-1101 並木病院1階

熱田区六番1-2-15 デイサービスセンターろくばん3階(熱田リハビリテーション病院から西へ徒歩2分)

FAX681-5169

FAX361-2175

FAX651-5144

FAX614-2818

FAX796-0040

FAX891-5110

FAX773-6212

FAX803-1251

都 福 祉 会 館

高 岳 福 祉 会 館

上 飯 田 福 祉 会 館

天 神 山 福 祉 会 館

名 楽 福 祉 会 館

前 津 福 祉 会 館

八 事 福 祉 会 館

瑞 穂 福 祉 会 館

熱 田 福 祉 会 館

中 川 福 祉 会 館

港 福 祉 会 館

笠 寺 福 祉 会 館

守 山 福 祉 会 館

緑 福 祉 会 館

名 東 福 祉 会 館

天 白 福 祉 会 館

☎711-1483

☎931-8174

☎914-0831

☎531-0023

☎481-8588

☎262-1869

☎832-2779

☎841-3113

FAX711-9657

FAX935-1025

FAX912-1308

FAX521-3369

FAX461-5667

FAX242-5761

FAX834-4611

FAX841-1348

名 称 電話 ・ FAX番号

☎659-6306

☎351-9121

☎382-7009

☎811-1282

☎793-6330

☎624-3131

☎703-9282

☎802-2351

FAX651-7251

FAX352-9406

FAX381-2285

FAX822-1121

FAX792-6094

FAX624-4485

FAX704-8144

FAX806-3327

名 称 電話 ・ FAX番号

☎763-1531

☎932-8204

☎915-7435

☎532-9076

☎486-2131

☎331-9951

☎884-5511

☎841-4063

FAX763-1535

FAX932-9311

FAX915-2640

FAX532-9082

FAX483-3410

FAX331-9953

FAX883-2231

FAX841-4080

名 称 電話 ・ FAX番号

☎671-2875

☎352-8257

☎651-0305

☎823-2035

☎758-2011

☎891-7638

☎726-8664

☎809-5550

FAX671-4019

FAX352-3825

FAX661-2940

FAX823-2688

FAX758-2015

FAX891-7640

FAX726-8776

FAX809-5551

名 称 電話 ・ FAX番号

☎753-1982

☎934-1218

☎917-6552

☎523-4618

☎481-2295

☎265-2262

☎735-3964

☎837-3264

FAX751-3545

FAX937-5145

FAX911-2343

FAX531-2000

FAX481-2210

FAX265-2259

FAX731-0957

FAX837-3291

名 称 電話 ・ FAX番号

☎683-9683

☎363-4462

☎651-6537

☎614-2814

☎796-4623

☎891-3623

☎778-3114

☎807-3917

名 称 電話 ・ FAX番号

社会福祉協議会

健センター

千種区社会福祉協議会

東区社会福祉協議会

北区社会福祉協議会

西区社会福祉協議会

中村区社会福祉協議会

中区社会福祉協議会

昭和区社会福祉協議会

瑞穂区社会福祉協議会

熱田区社会福祉協議会

中川区社会福祉協議会

港区社会福祉協議会

南区社会福祉協議会

守山区社会福祉協議会

緑区社会福祉協議会

名東区社会福祉協議会

天白区社会福祉協議会

千種保健センター

東 保 健 セ ン ター

北 保 健 セ ン ター

西 保 健 セ ン ター

中村保健センター

中 保 健 セ ン ター

昭和保健センター

瑞穂保健センター

熱田保健センター

中川保健センター

港 保 健 セ ン ター

南 保 健 セ ン ター

守山保健センター

緑 保 健 セ ン ター

名東保健センター

天白保健センター

一般介護予防事業に関するご相談・お問合せ先

開設時間 月~金曜日(祝休日、年末年始を除きます) 午前9時~午後5時 相談費用は無料です。

医療や介護が必要となっても住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、歯科衛生士が在宅での歯

科治療・口腔ケアなどに関する各種相談に応じます。

在宅歯科医療・介護連携室

☎619-4188

電 話

FAX619-4189

FAX番号所 在 地

南区弥次ヱ町5丁目12-1

開設時間火~土曜日(祝休日、年末年始を除きます)

午前9時~正午・午後1時~5時相談費用は無料です。

昭和区山花町62-1 オフィスはなみずき1階(かわな病院より北へ徒歩3分)

42 43

相談・お問合せ窓口

相談・お問合せ窓口